カラコンつけて温泉へ♪

露天風呂の魅力って景色ですが
友人の知り合いは、いつもメガネでどんな時でもメガネが欠かせない人でした。その方がある日家族で露天ぶろ付きの旅館に泊まった時の話です。
旅館と言えば、美味しい料理!そして何と言っても、景色がいい温泉じゃないでしょうか。さっそく自慢の温泉に入ってみようという事で家族みんなで、露天風呂へ。
子供たちはさっさと脱いで入っています。子供たちから「ママも早くおいでよぉ」と呼ばれ、行ってみると、一転、視野が真っ白に。
そう、温泉の湯気と湿気でメガネがくもってしまったのです。メガネを外したらもっと見えない。。
せっかくの露天風呂がなーんにも見えないのです。そこで決めたそうです!
コンタクトレンズにするぞって。
それからは、コンタクトレンズ生活になってから、性格も明るくなり、念願の露天風呂も景色がはっきりと見え、大満足の旅行になったと言ってました。
コンタクトレンズで景色が良く見えるため、長く湯に浸かっていたらしく、湯あたりを起こしたとは言ってましたが(笑)
で、その後コンタクトをつけて温泉に行くようになったのですが、度が過ぎたかカラコンを付けて温泉に行くようになってしまいました。
カラコンを付けたまま温泉ってどうなのかって思いますが、彼女が楽しければいいのかなって。
カラコンも色々と種類がありますが、彼女いわく人気のカラコンのなかでもおすすめなのは度ありのワンデーカラコンらしいです。
ワンデーなら温泉入ってその日のうちに捨てるから気兼ねなく使用できるんですって。

先日から友人がメガネではなくコンタクトレンズにしました。
本当はカラコンが着けたいらしいけど、ほしいカラコンの度数が自分に合わないんですって。
眼科で買えるカラコンって種類が少ないけど、度数の幅が広いカラコンって通販だといっぱいあるってことを教えておきました。
コンタクトレンズ度数さえわかっていれば通販で買えるから、おすすめのカラコン通販とか教えておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>