日本人はおしゃれなウィッグが好き

人にはいろいろな種類の人間がいて、それは日本人の中にもたくさんある。
もちろん、世間一般的に分けられてるたくさんの種類もあるけど、私がいつも分けてるのは二つ。
日本人的な人と日本人的ではない人。
女の子の場合、日本人はおしゃれなウィッグが好きだという。
日本人的な考え方だが、みんながウィッグをつけているなら自分も付けたくなるのだ。
天使のエマが私の周りでは人気だけど、やっぱり私も付けたくなってくる。

日本にいるときはもちろんみんな当たり前にいろいろなことを気にするし、気も配ると思う。
だけど、外国に来ると、そういうことすべてが馬鹿らしくなる。
というか、むしろ文化が違うから日本と同じことをやったら逆に変な目で見られると思う。
真夏の外国で、初めに会った時と変わらず真っ白な細い腕を持つ女の子と会って、この子は日本人的だな、と思った。
日傘はさしてる人いないからって大きい帽子をかぶって、暑いけど多分ほとんど何か羽織って、そういうのすごいなって思う。
私は、日焼け止めだって適当だし、日傘なんて生まれてこの方さしたことないし、帽子は苦手。夏は暑いから腕も脚も出しまくってる。
年齢的に考えてもうちょっとケアしたほうがいいとは思うけど、そばかすやシミができたときはそれでいいかな、と思ってる。
最近冬でも前ほど白く戻らなくなってきた脚と腕だけど、それでもいいかなって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>