カラコンはハンドクリームがついた手で触らない!

私は毎日、荒れた主人の両手にハンドクリームを塗ることを日課としている。
同様にエンジェルカラーのカラコンもつけないまま外出できないほどのカラコン依存症だ。
主人は仕事柄、どうしても手荒れがひどくなる。
私も冬場は手荒れがひどいが、そんなレベルじゃないくらいひどい。
年がら年中荒れてはいるが、特にこれからの寒くなっていく季節の手荒れは相当なものだ。
そこで毎日主人が夜寝る前にハンドクリームをぬるようにしているのだ。
主人一人ではぬろうとはしないので、私がぬっている。
でもいいスキンシップになっていて、夫婦のこういう時間も必要だなと感じる。
その時にゆっくり今日あった出来事の話をしたり、言いたいことを言ったりもする。
その時間ならお互いにリラックスしているのでお互いの言い分にちゃんとを傾けることができる。
主人の手荒れ対策に、夫婦のスキンシップに、と一石二鳥だ。
更にはそのあと、手荒れ用の手袋をつけてあげると次の日にはかなり手荒れがきれいになる。
主人も喜んでくれるし夫婦のスキンシップにもなるし、おすすめだ。
これからも毎日続けていきたい日課である。
しかし私はいつまだカラコン着けるのだろう。もう30だしそろそろカラコン辞める時が近いかもしれません。
それと、ハンドクリームを塗った後にカラコンを付ける場合は注意しましょう。
ハンドクリームがカラコンについてしまうと目に入ってしまうからあまり良くありません。
手はキレイにしてカラコンをつけましょう。
先日、カラコンが見難くなってきたのでカラコンワンデー人気ランキング.netで、レンズ度数を確認して、新しいカラコンを買いました。
今度はこのカラコンをキレイに使いたいです。

http://xn--lckejk4h0ic0c9abcb7i2859bub9d.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>